健康のためにDHAを効率よく摂取しよ【効能を解説】

サラサラ血液が健康を促進

婦人

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

頭を良くする栄養素として人気が高いのがDHAです。DHAは必須脂肪酸の一種で、不飽和脂肪酸です。脂肪酸というのは中性脂肪の構成成分ですので、一見身体に悪いような印象を受けます。ところが、身体に悪いのは飽和脂肪酸の方とされていて、これは肉類や乳製品などに多く含まれます。一方で不飽和脂肪酸のDHAは魚油や植物油に多く含まれていて、生活習慣病を予防すると考えられています。同じ脂肪の構成要素でも、不飽和脂肪酸から作られたものは動脈硬化のリスクなどを抑えることができるからです。青魚を良く食べる地方で、認知症や脳梗塞などの発症率が低かったことから本格的にDHAの研究をはじまり、その効果が立証されました。飽和脂肪酸には悪玉コレステロールが含まれますが、DHAの方は善玉の方が多く存在し、これが血小板の凝集を抑える働きをすることにより、血栓を予防してくれます。また脳内において神経伝達物質に関与する成分の分泌を促進させるので、頭を良くしてくれるというわけです。理解力と記憶力の向上は日常から物忘れなどのストレスを拭い去ってくれますし、同時に学ぶ喜びも提供してくれます。これがDHAの人気の理由といえるでしょう。目標としては一日あたり1gほどが望ましいといわれています。過剰摂取は血液が固まりにくくなりすぎてしまい、出血しやすくなってしまう場合があるので、サプリメントを利用する場合は含有量をしっかりとチェックしておきましょう。