健康のためにDHAを効率よく摂取しよ【効能を解説】

頭が良くなる栄養素

栄養補助食品

神経伝達物質に働きかける

DHAが健康に良いというイメージは定着しつつありますが、どのようなメカニズムで影響を及ぼすのか、はっきりと説明できる人はあまりいません。主に青魚から摂取できるDHAは健康のカテゴリの中でも特に「頭が良くなる」や「認知症予防にもなる」といわれています。その仕組みを詳しく解説します。DHAは脳の情報処理や理解を行うための神経伝達物質を分泌、産生する箇所に多く含まれています。つまり、DHAを豊富に吸収できると物事の理解力が高まったり、記憶力が良くなったりするというわけです。これが頭が良くなるといわれる理由です。この効果に学者が気づいたきっかけは、魚をよく食べる漁師の町で認知症にかかる高齢者の割合が極端に低かったことにあります。DHAは脳の発達と機能維持に必要不可欠な栄養素ですが、これを体内で合成することがなかなかできません。よって、直接食事やサプリメントなどによって取り入れる必要があります。DHAの含有量は加齢とともに減少していく傾向にあります。認知症にかからなくても、歳をとると物忘れが激しくなったり、記憶力が低下してしったりするのはこのためです。定期的にDHAを摂取することは脳機能を若々しく保つことになるわけです。また、脳は全身をコントロールする司令塔ですから、脳細胞が活発で元気な状態であると精神も健全に保つことができます。これがアンチエイジングの効果も生みます。青魚から摂取できるDHAはほんの僅かですから、普段の食事にサプリメントととして摂取するのがおすすめです。