健康のためにDHAを効率よく摂取しよ【効能を解説】

魚

摂取するときの工夫

DHAをサプリメントで摂取する場合には、成分をなるべく壊さないようにするために常温の水で飲むのが一番オススメです。一度に大量に摂取すると余分な分は捨てられてしまうので、摂取目安量を数回に分けて摂取したほうがより効率的でしょう。

婦人

サラサラ血液が健康を促進

脂肪酸の一種であるにも関わらずDHAが人気なのは不飽和脂肪酸だからです。善玉コレステロールを多く含むので、脳梗塞などを引き起こす血栓を予防してくれます。同時に神経伝達物質にも作用するので頭が良くなる栄養素としても人気です。

栄養補助食品

頭が良くなる栄養素

「頭が良くなる」や「認知症予防」などのイメージが定着しているDHAですが、そのメカニズムを正しく理解している人はあまりいません。DHAは脳の神経伝達物質の分泌や産生に必要な栄養素なので、摂取することにより記憶力や理解力が向上します。

魚

製品選びが重要

DHAにはコレステロール値を下げる効果や記憶力アップすることができます。そして、青魚を食べることによって摂ることができますが、不足することが多いため健康食品で補えます。そして、EPAが含まれている製品を選ぶことで相互作用が期待できます。

男性

健康に欠かせない栄養素

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脂肪酸のひとつで、人間の健康を維持するために、欠かすことの出来ない栄養素です。悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させたり、神経細胞を活性化させる作用があるため、食事やサプリメントで十分に摂取することが大切です。

魚に含まれる成分

サプリメント

上手な摂取方法

DHAは魚の油に含まれる成分で、摂取することで脳の活性化につながるといわれ、認知症予防効果や記憶力向上などの効果があるといわれています。魚の中でも特にマグロやサバなどの青魚に多く含まれていて、脳が活性化されるだけでなく、ほかにもDHAには脂肪燃焼効果やコレステロールの低下、生活習慣予防など様々な効果が期待できます。もちろん、他差摂取するだけでは効果を強く引き出すことは難しくなります。摂取してから脳の活性化の効果を引き出すためには脳を働かせることが大切ですし、脂肪燃焼効果を強く出すためには軽い運動を行うことが重要だといえます。脳を働かすには、普段から本を読んだり人と会話をするなどでも十分となりますし、運動はジョギングやウォーキングそのほかヨガやストレッチでも身体に負担をかけずに取り組むことができるので、試してみましょう。そのDHAの上手な摂取方法は、魚を生で食べることです。焼き魚でも身体に取り入れることは出来ますが、焼くことで魚の脂が滴り落ちることがあります。その脂にDHAが豊富に含まれており、滴り落ちるということはその成分を逃がしていることになるのでもったいないです。もし焼き魚として食べるのであれば、できるだけ脂の成分を逃さないように食べることが望ましいといえるでしょう。刺身で食べるのも良い方法となりますし、他にもカルパッチョや寿司で食べるのもおいしく食べながら高い栄養素を体内に吸収させることができます。